登り梁の家 3DCG

登り梁の構造計算

勾配屋根の梁の掛け方は色々な方法があります。これは登り梁を使って梁をかけた家です。 屋根の傾斜成りに梁を斜めにかけてそこに合板を貼っていきます。火打ち無しで屋根構面だけで屋根の水平耐力を取ってます。耐震等級3も取れてます。

完成予想図です。深い軒が良い雰囲気になったとおもいます。

この物件は弊社の仕事は設計だけで、施工は地元の工務店さんです。 ちなみに、平面の間取りは誰でも書けます。 リビング、洗面、トイレ、子供部屋をここへ、、、など 新聞チラシの建売住宅の延長線みたいなものです。 素人さんでも書けます。 お客さんの中には「こんな家にしたい」と自分で書きだす人もいます。 地元の工務店さんも同じです。 方眼用紙に部屋を配置していけば間取り図は出来ます。 あとは建築士さんに確認申請を取ってもらって建てるだけです。 実は四角い家なら大して悩むことは無いです。 特に部屋と天井高さの決まっている家ならば、

平面プランだけあれば後は1~2日の作業で終了です。ただし、こう配屋根や、スキップフロア、天井高さや横架材間が変わる家の 梁の掛け方などを考えられる工務店さんは少ないです。

そういう設計業務や耐震等級3を取ったりする構造計算などの実務が出来る工務店さんは皆無に等しいです。 イエリードではそういう工務店さんの設計支援も行ってます。

作業内容:

  • 土地探し
  • 基本設計
  • 実施設計
  • 構造計算
  • 確認申請
  • フラット35設計審査(+耐震3取得)
  1. この記事へのコメントはありません。